Page: 1/28   >>
オニギリ氏の話





猫のオニギリ氏が家にやってきて、8ヶ月がたちました。

もともと外で暮らしていた猫だったのですが、
知らない土地の知らない家にいきなり連れて来られて
当初はずっと怯えていました。
最初の二ヶ月間は、日中は隠れてばかりいた
(主に仏壇の裏に)
ので姿を見ることすらままならなかったし、
姿が見えても始終ぴりぴりしていたので
そばによると、いやそばによったつもりもないのに、
急にとんできてひっかかれたり噛まれたりしました。
夜中にうっかり見つめ合って、とびかかられて顔に
爪をたてられ、唇からびっくりするほど血が出た
こともありました。(気が立っている時の猫と
見つめ合うのが悪いのですが)

なのですが、すこしずつ、ほんとにすこしずつ
気を許してくれているのは、すぐにわかりました。
先週はしてくれなかったのに、今週はこんなことを
してくれるようになった!
そんな喜びを、小分けにして毎週毎週、
何ヶ月もの間ずっと、今も、
味わせてもらっています。
今ではもうほとんど引っ掻かれることはなくなったし、
甘噛みもしてくれるようになりました。

そしてきのう、ついに
オニギリ氏がわたしの布団の中に。

猫と暮らす者なら誰しも、猫と一緒に眠る
冬の布団のあたたかさを夢見る
と思うのですが。

1ヶ月くらい前から、ベッドに乗ってくるようにはなって
いたのです。
ですが、布団の中には絶対に入ろうとしませんでした。

オニギリ氏は、普段からなにかの中に入ることを嫌がります。
猫なら好きそうな箱の中や袋の中、押し入れの中に、
全く入ろうとしません。
入ったらさいご、閉じ込められたり、あるいはそのまま
逃げられなくなるのを恐れているのではないか
そんな気がします。

そのオニギリ氏が、なんの気まぐれか、いやついにそこまで
心を許してくれたのか
わたしの布団の中でゴロゴロと喉をならしながら一緒に眠って
くれました。
昨夜は感動にむせび泣きました。

よいヴァレンタインデーでした。


| kumaneko2009 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大阪府三島郡 長谷川書店さん
大阪の阪急水無瀬駅の改札前にある
町の本屋さん・長谷川書店さんでも
サインした本を置いていただいています。

長谷川書店さんは、
夏葉社の本がお好きな方でしたら
もしかしたらご存知かもしれませんが、
夏葉社のこの本



『本屋図鑑』に掲載されている本屋さんです。
いま『本屋図鑑』の長谷川書店さんのページを読んでみたら

------------------------------------------------------
詩の本や、随筆や、美しい実用書。なんのジャンルかよく
わからない本は、なんのジャンルかよくわからない棚に、
ちゃんとそれらしい顔をしておさまっている。棚を一つ
一つ見ているだけで、なんだか頬がゆるんでくる。
宝探しをしているような気持ちになる。
------------------------------------------------------

と書いてあって、ああ、ほんとうだなあ、
そんな本屋さんだなあと
楽しい気持ちになりました。

入ってすぐ、新刊本や雑誌が並ぶ、町のふつうの本屋さんです。
その間をぬって、
なんだかよくわからない本や、希少な美しい本や、本じゃないものも、
とても居心地良さそうに並んでいます。

今は店内で江口宏さんの3字語「新面目」展が開かれています。10日まで。
本の間に張り子や紙粘土の、たいへんユニークな人形たちが並んでいます。
とても面白い。頭がすかっとします。
http://walkingreader.blog60.fc2.com/blog-entry-533.html?sp
(写真に写っているのは、お店のそとのショーウィンドウです)

それから、
くまくまちゃんについて、とても素敵な
もったいないような文章を寄せてくださいました。
http://walkingreader.blog60.fc2.com/blog-entry-534.html
わざわざチョコレートと一緒に写真を撮ってくださっています。
7年前というと、わたしがまだ長谷川書店さんのことを知らなかった頃の
ことだなあ。
知らない町の知らない本屋で自分の作った本が売られていて
知らない誰かが買ってくださっていただなんて、
(そうじゃないと困るんだけど、でも)
なんだかとても不思議で、とても幸せだ。

近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ
長谷川書店さんへ行ってみてください。


| kumaneko2009 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
くまくまちゃんフェア 始まりました。
姫路のおひさまゆうびん舎さんでの
くまくまちゃんフェアがはじまりました。

おひさまゆうびん舎さんから送っていただいた写真です。


それはそれはたくさんのくまくまちゃんがいるの、
わかるでしょうか?
左手前の棚の向こうから
くまくまちゃんがのぞいているの、見えますか?
上にも下にも。
(逆光になっているのや、特大なのや)

1時間ごとに眺めて元気づけられています。


こちらは



先日もご紹介したガーランド。
店内にも飾られています。
踊るように。

また書きます。


| kumaneko2009 | 10:19 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
くまくまちゃんフェア


くまくまちゃん発売にあわせて
姫路のおひさまゆうびん舎さんが
なんと
『くまくまちゃんフェア』を開いてくださいます!
おひさまゆうびん舎さんの店内が
くまくまちゃんでいっぱいになるとのこと。
サインをたくさんさせていただいたので、
サイン本がたくさん並びます。
ぜひぜひ!たくさん(…たくさんは、まあ、
必要ないとは思いますが…でも、ぜひ)お求めください。
25日からです。

大阪の阪急水無瀬駅の改札前にある
町の本屋さん・長谷川書店さんでも
サインした本を置いていただく予定です。
また改めてお知らせします。



これはおひさまゆうびん舎さんが
つくってくださったガーランド。
写真が下手で、可愛さがちっとも
伝わらない(涙)

このガーランドについては、
まだお話が続きます。

ちょっとずつしか更新できないのですが。



| kumaneko2009 | 01:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
くまくまちゃん、たびにでる



『くまくまちゃん、たびにでる』が
出来上がりました。




あわせて、
『くまくまちゃん』
『くまくまちゃんのいえ』が
装丁を変えて再版になりました。




またお知らせします。
| kumaneko2009 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
LINE スタンプをつくりました。


あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。



LINE スタンプをつくりました。
くまくまちゃんのスタンプです。





ショップから、ポプラ社で検索してみてください。
ポプラ社の中の
クリエイターズのカテゴリーにすぐ見つかります。

http://line.me/R/shop/detail/1354592
(↑このリンクはちゃんと貼れてないかも?)

LINE をお使いの方は、ぜひぜひ。

一緒に制作してくださった
ポプラ社の編集の方(いくつか歳下だけど
おおざっぱにいって同年代)と
「腰いたい」はぜひ入れたい…なんて
話しながら作りました。
(中高年に優しいスタンプを!)

下から二段目に「腰いたい」のスタンプ
あります。

が、いざ出来上がって使ってみると、
「腰いたい」って
使う機会がないです。
よっぽどのときじゃないと
腰のことを話題にしないもの。



なぜ急にくまくまちゃんのスタンプを作ったのかというと、
『くまくまちゃん』の本が、新しく出ることになり
その勢いで!!!

題名は
『くまくまちゃん、たびにでる』です。

またすぐお知らせします。

| kumaneko2009 | 21:50 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
くまとめいくんのクリスマス

 

 

お知らせが遅くなってしまいました。

東急多摩川線 武蔵新田にある絵本屋さん

ティールグリーンにて

 

種村有希子さんの絵本「サンタクロースになるひ」と

わたしの絵本「くまのクリスマス」の原画展

「くまとめいくんのクリスマス」が

始まっています。

 

ティールグリーンのブログで

様子をアップしてくださっています。

 http://teal-green.com/daily/1633/

 

 

素敵なお店です。

本の並ぶ棚は背表紙を眺めているだけで楽しいし、

不意をつかれるようにそこここに

ちょっとした おかしなものたちが 真面目な顔で

たたずんでいて、静かに賑やかです。

お茶とお菓子も楽しめます。

 

昨年ブックハウス神保町で開いていただいた展示

内容は一緒なのですが、またすこし違った展示になっています。

そしてなにしろティールグリーン自体が、ブックハウスとはまた違った

魅力の本屋さんなので、きっと

新しい気持ちで見ていただけると思います です。

 

 

わたしは

14日(水)の14時半以降と

17日(土)の午後 お店にいます。

25日のクリスマスが最終日、

月曜定休です。

 

 

お茶が飲める絵本の店

TEAL GREEN in Seed Village

TEL/03-5482-7871 FAX/03-5482-7872

OPEN/11:00-1800

定休日/月曜

 

| kumaneko2009 | 01:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
日々 綴る。


2人展『日々 綴る。』がはじまりました。

陶芸家の石神照美さんと、2012年と2014年に
森岡書店さんで2人展『そら展』を開きました。
そこから繋がる日々の色と形を綴った展示です。

自分でいうのもなんですが
静かで、時に熱くて
退屈で楽しくこじんまりとした
あたたかで可愛い展示です。 
(↑ちょっと盛ってる…)
なかなか静岡は難しいと思いますが、
もし近くまでお越しの際は、ぜひぜひとも
お立ち寄りください。

ギャラリーnoir/NOKTA
とても気持ちのよい空間です。
今回じゃなくとも、一度は行ってみてほしい場所です。
併設の喫茶店で珈琲も飲んでいただきたい!


搬入をして、noir/NOKTAに私の絵と並んだ
石神さんの作品たちを見て、それから
同時開催されている高田竹弥展『時間の園』の
高田さんの作品たちを見て、
そして
初日に高田さんの作品の前で歌われたOraNoaさんの
歌声にも、とても力をいただきました。





今ちょっと苦しいのですが、
話をきいてもらったり
綺麗な空の写真を送ってもらったりして
すこし落ち着いて、それから
ほんものの空を見ようと高いところへ昇りました。きのう。
日が沈んでいき、こうもりが飛んで、月が光っていました。

よしよし。すこしでもよいものをいつか見ていただけるよう
頑張ろう。と、誓う今日です。

画像は『日々 綴る』のために描いた絵です。
(展示の写真がいま私の手元にないので。
絵を描いている途中に家で撮ったもの)
「坂道」
23日までです。


10/22   リーディングカフェ 15:00-17:00 (要予約)
10/18 . 19 あまちゃん美容室 cutのみ (要予約)

noir/NOKTのサイトで、展示の様子がすこし見られます。





| kumaneko2009 | 10:08 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
展示のお知らせ ふたつ
直前のお知らせになってしまいましたが、
西荻窪のウレシカさんにて開かれる ペットショップへいく前に展 に参加します。
明日からです。

わたしは、猫の絵を数枚出品します。
ほんとにちょっとなんですが。

これは新しく来た猫のオニギリ氏(オニギリみたいだからオニギリ氏)

↑『オニギリ氏登場』



↑『こわがりのオニギリ氏。』
(いつもとちょっとタッチが違ってしまったけど、オニギリ氏っぽく描けた)


それからもう1枚、
3月に他界したハナちゃんが眠っている姿を描きたいと思い、
以前描いたスケッチをもとに絵をおこしていました。
なのですが、何枚描いてもうまくいかず
だいぶ落ち込んでしまいました。
落ち込んでいてもしようがないので、最終的にそれはあきらめて、
だいぶ前に描いた絵(モデルは、ハナちゃんの前にいたにゃーこちゃん)を
額装して飾っていただきます。

10月3日まで。
----------------------------------------------------------------------

そして、
10月8日から23日まで、
伊豆の国市にあるギャラリー noir/NOKTAにて
石神照美さんとの2人展を開かせていただきます。



2人展 『日々、綴る。』


8日は、石神さんとふたり、在廊します。
高田竹弥さんの個展「時間の国」も同時に開催されます。

----------------------------------------------------------------------

6月、7月、8月と慌ただしく過ごしており、
いろいろなことが重なって問題が山積みで
なにに優先順位をつけて処理していったらいいのか
長いこと混乱していました。

オニギリ氏の話も書きたいと思っているのに。

たいへん恐がりな猫で、さいしょのうちは怯えるあまりに
触るものみな傷つけていたオニギリ氏ですが、
家にきて3ヶ月がたちだいぶ慣れてきました。
以前は、オニギリ氏の視界に入る位置に手をかざすと、それだけで
有無をいわさず鋭いパンチをお見舞いされていましたが、
今では、真っ正面…だと、いまだにパンチがきますが、
ななめ前くらいから手を出せば大丈夫で、それどころか
おとなしく触らせてくれるようにもなりました。



「りすでんわ」が、ほんとにちょっとではありますが
重版されたことや、
車がマニュアル車からオートマ車に変わったことや、
一方で携帯電話が息も絶え絶えなこと(でもまだ頑張って使っている)
など、
いろいろ書きたいなあと思っています。


| kumaneko2009 | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
猫がやってきました。



猫のハナちゃんが逝ってから3ヶ月、
早くもニュウフェイスがやってきました。

猫は、またすぐ飼うつもりではいたのです。
でもこんなに早く迎えることになるとは
思っていませんでした。

「友だちが猫のひきとり手を捜しているのだけれども、
どうかな?」と友人からの打診があったとき、
メールに添付された写真を見て、更にその様子を聞き
家にいるところを想像して、軽くショックを受けました。
ハナちゃんがいる私の家、あの空間はもう永遠に消えたのだと
再確認させられた気がしたのです。

この猫はひきとれない。今は無理だ

と思ったのに、ひと晩寝て起きたら
気持ちが真逆に傾いていました。

猫はできれば縁があって自然に来てもらえたらいいなと
思っていたので、これは願ってもないような機会でした。
それに、件の猫が黒っぽい(鉢割れの)猫だったことに
意味を感じました。
というのは、
その昔ハナちゃんが家にやって来た頃、亡くなった私の母は
よく「白い猫は嫌いだわあ。汚れが目立ってみっともなくて」
と言っていた(母はデリカシーのないことをわりにずけずけ
言うほうだった)ので、もしかしたら
ハナちゃんは生涯ずっとそれを気にしていて、それで
今度は黒っぽい猫をうちに遣わしてくれたのでは、と
そんなふうに考えたからです。
…完全なるこじつけですが。

というわけで、再び猫と暮らしています。


上の画像は、先月コンテクストで飾っていただいた
ハナちゃんの絵です。
| kumaneko2009 | 10:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode