Page: 1/27   >>
展示のお知らせ ふたつ
直前のお知らせになってしまいましたが、
西荻窪のウレシカさんにて開かれる ペットショップへいく前に展 に参加します。
明日からです。

わたしは、猫の絵を数枚出品します。
ほんとにちょっとなんですが。

これは新しく来た猫のオニギリ氏(オニギリみたいだからオニギリ氏)

↑『オニギリ氏登場』



↑『こわがりのオニギリ氏。』
(いつもとちょっとタッチが違ってしまったけど、オニギリ氏っぽく描けた)


それからもう1枚、
3月に他界したハナちゃんが眠っている姿を描きたいと思い、
以前描いたスケッチをもとに絵をおこしていました。
なのですが、何枚描いてもうまくいかず
だいぶ落ち込んでしまいました。
落ち込んでいてもしようがないので、最終的にそれはあきらめて、
だいぶ前に描いた絵(モデルは、ハナちゃんの前にいたにゃーこちゃん)を
額装して飾っていただきます。

10月3日まで。
----------------------------------------------------------------------

そして、
10月8日から23日まで、
伊豆の国市にあるギャラリー noir/NOKTAにて
石神照美さんとの2人展を開かせていただきます。



2人展 『日々、綴る。』


8日は、石神さんとふたり、在廊します。
高田竹弥さんの個展「時間の国」も同時に開催されます。

----------------------------------------------------------------------

6月、7月、8月と慌ただしく過ごしており、
いろいろなことが重なって問題が山積みで
なにに優先順位をつけて処理していったらいいのか
長いこと混乱していました。

オニギリ氏の話も書きたいと思っているのに。

たいへん恐がりな猫で、さいしょのうちは怯えるあまりに
触るものみな傷つけていたオニギリ氏ですが、
家にきて3ヶ月がたちだいぶ慣れてきました。
以前は、オニギリ氏の視界に入る位置に手をかざすと、それだけで
有無をいわさず鋭いパンチをお見舞いされていましたが、
今では、真っ正面…だと、いまだにパンチがきますが、
ななめ前くらいから手を出せば大丈夫で、それどころか
おとなしく触らせてくれるようにもなりました。



「りすでんわ」が、ほんとにちょっとではありますが
重版されたことや、
車がマニュアル車からオートマ車に変わったことや、
一方で携帯電話が息も絶え絶えなこと(でもまだ頑張って使っている)
など、
いろいろ書きたいなあと思っています。


| kumaneko2009 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
猫がやってきました。



猫のハナちゃんが逝ってから3ヶ月、
早くもニュウフェイスがやってきました。

猫は、またすぐ飼うつもりではいたのです。
でもこんなに早く迎えることになるとは
思っていませんでした。

「友だちが猫のひきとり手を捜しているのだけれども、
どうかな?」と友人からの打診があったとき、
メールに添付された写真を見て、更にその様子を聞き
家にいるところを想像して、軽くショックを受けました。
ハナちゃんがいる私の家、あの空間はもう永遠に消えたのだと
再確認させられた気がしたのです。

この猫はひきとれない。今は無理だ

と思ったのに、ひと晩寝て起きたら
気持ちが真逆に傾いていました。

猫はできれば縁があって自然に来てもらえたらいいなと
思っていたので、これは願ってもないような機会でした。
それに、件の猫が黒っぽい(鉢割れの)猫だったことに
意味を感じました。
というのは、
その昔ハナちゃんが家にやって来た頃、亡くなった私の母は
よく「白い猫は嫌いだわあ。汚れが目立ってみっともなくて」
と言っていた(母はデリカシーのないことをわりにずけずけ
言うほうだった)ので、もしかしたら
ハナちゃんは生涯ずっとそれを気にしていて、それで
今度は黒っぽい猫をうちに遣わしてくれたのでは、と
そんなふうに考えたからです。
…完全なるこじつけですが。

というわけで、再び猫と暮らしています。


上の画像は、先月コンテクストで飾っていただいた
ハナちゃんの絵です。
| kumaneko2009 | 10:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
繋がりました



電話、繋がりました!
ああ、よかった。

とりいそぎのご報告まで。
| kumaneko2009 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電話が使えません


前回の記事で
つづく
と書いて続かないままですが。

家の固定電話が使えなくなってしまいました。
かけることはできるのですが、
受けることができません。
相手方には呼び出し音が聞こえるようなのですが、
家の電話はぴくりともしないのです。
インターネットには普通に繋げます。

今朝まで正常だったのですが。

朝からあれこれ問い合わせてみたのですが、
いまだに何が悪いのか特定できていません。
明日ルーターを交換してみることになりました。


明日直るといいなあ…



今すぐなにかに困ることはないのですが、
電話とかパソコンに不具合があると
ものすごくへこんでしまいます。








| kumaneko2009 | 17:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
「月夜とめがね」原画展/朗読会のこと
ギャラリー・コンテクストでの
「月夜とめがね」原画展
初日の夜は朗読会でした。

読んでくださったのは、
札幌にある珈琲店、板東珈琲のマスターです。


↑朗読会の様子。
マスター、ハンサム…。


暮れてゆく街と
通りから聞こえてくる路面電車の音と
ほのかな蝋燭のあかりの中で

マスターの朗読の声に耳を傾けていると、
物語の中のおばあさんと同じく
いま自分がどこにいるのかわからなくなる気が
しました。

たぶん、このときの印象が強烈なので、札幌にいた3日間が
不思議な時間旅行したような記憶になっているのだと
思います。

マスターの朗読のあと
わたしも、「あめのひのくまちゃん」を
読ませていただきました。
すみません、すみません。

ところで実は
「あめのひのくまちゃん」は、その日の午前中に
ヒシガタ文庫さんでも読ませていただきました。
すみません、すみません!

つづく。





| kumaneko2009 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
札幌の原画展
札幌に行ってきました。
楽しかった!




ギャラリー・コンテクストの様子。
ここに飾っていただくと
物語の世界が息づくようでした(感涙)

「月夜とめがね」の原画とは別に
猫とか鳥とか花とか、身近なものを描いた絵も
すこし飾りました。



コンテクスト内にできた移動カフェのロヴァニエミさん。
チーズケーキのあまりにもの美味しさよ!











そしてこちらは「あめのひのくまちゃん」を飾っていただいている
ヒシガタ文庫さん。





原画を低い位置に置いていただいていることにびっくりしましたが、
それがとても効果的で、この並べ方は天才的だなと思いました。
明るくて可愛くて楽しい本屋さんです。札幌にお住まいの方は
ぜひ行ってみてください。
『あめのひのくまちゃん』の展示は12日まで続きます。


↑ヒシガタ文庫さんで買ったバッジ。







札幌滞在中、大部分の時間をギャラリー・コンテクストで
過ごしました。
それ以外は車で20分程の場所にあるヒシガタ文庫さんに
とんぼ返りで行ってきただけで
札幌の地面をほとんど踏むことなく家に帰ってきたのですが、
それなのに、
不思議な街にゆっくりと時間旅行に出かけてきたような
そんな感覚です。

つづく。
| kumaneko2009 | 21:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ワークショップ的なもの、します。


5/28から、札幌にて絵本原画展です!



『月夜とめがね』の展示をしていただく札幌のギャラリーcontext-sにて
29日に
小さなワークショップ(というほどのものじゃないのですが)を
します。
ふわふわの動物を一緒に描きましょう。
くま とか、ねこ とか。
下のくまくまちゃんは、例ですが、
また改めて、見本をアップします…




5月29日 11時から
参加費  1000円
要予約 こちらへ↓
teruteru_terubouz@yahoo.co.jp


お近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ
どうぞ遊びにいらしてください!







今日は一日中
額装をしていました。

既に入っている絵をはずして、新しい絵に入れ換える。
レイアウトを考える。
塩ビ板を磨く。
ネジをしめる。
箱にしまう。

やってもやっても終わらないので
途中で飽きてきて、
アルコールで景気をつけながら
作業をすすめてます。
まだちょっと、作業が残ってます。
頑張ろう。
| kumaneko2009 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かわいい夫


姫路の本屋さん、おひさまゆうびん舎さんが
ただ今絶賛お勧め中
山崎ナオコーラさんのエッセー
「かわいい夫」(夏葉社)を読みました。

ほんとに面白かった。
信頼する、尊敬する友達と、充実したおしゃべりを
楽しんだあとのような読後感でした。
ああ、楽しかったなあ。嬉しいなあ、元気でたなあ!と。

常に自分自身に誠実にあるよう冷静に抑制をきかせながら
ことばを紡いでおられるのだろうなあと思いました。
その、ひらたい文章が好き。

それで、夏葉社さんの本はいつもそうなのだけれども、
装幀もかわいい。

みんな読むといいのに!



5/28から、札幌にて絵本原画展です!
準備をうまくすすめられていなくて、
毎日毎日焦っています。





| kumaneko2009 | 00:51 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
「あめのひのくまちゃん」「月夜とめがね」
お知らせです。

札幌のギャラリーcontext-sで「月夜とめがね」絵本原画展を
同じく札幌の書店 ヒシガタ書房にて「あめのひのくまちゃん」原画展を
開かせていただきます。



-------------------------------------------------------------
ヒシガタ文庫
札幌市東区北25条東8丁目2-1(ダイヤ書房内)

あめのひのくまちゃん原画展
高橋和枝 作(アリス館)

5月28日(土)〜6月12日(日)
10:00〜22:00




28日の11時から朗読会が開かれます。
私も行きます。
「あめのひのくまちゃん」を読ませていただく予定…ガクガク…




-------------------------------------------------------------
context-s
札幌市中央区南21条西8丁目2-10

「月夜とめがね」絵本原画展
小川未明 作・高橋和枝 絵(あすなろ書房)

5月28日(土)〜6月2日(木)
12:00〜18:00



28日と29日は在廊します。

28日は朗読会があります。
18時から19時まで。
コーヒーとお菓子付 1500円 です。
予約が必要です。

28日(土)から30日(月)まで
展覧会場にて移動カフェロヴァニエミが開かれます。
絵を見ながら美味しいお菓子をいただけます。
焼き菓子の販売もあるそうです。


お近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひぜひとも、観にいらしてください!




| kumaneko2009 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
姫路の夜


「くまくまちゃんを描こう♪」のあとおひさまゆうびん舎さんと
夕飯をご一緒させていただきました。
書店員さんのIさん(この方にもいつも大変御世話になっている)にも
合流していただいて、とてもくだけた気持ちの楽しいおしゃべりで
姫路の夜は更けていきました。

おひさまゆうびん舎さんが最近読んだ本の話をされていたのが
印象に残っています。
信頼すべき本を読んだ。でも、どうしても好きになれない箇所があって、
それについてどう思うか読書仲間(その本をとても好きだと言っている)
に聞いて説明してもらって
「ああ、なるほどなって思って、それでちょっとその良さが
わかったと思ったんです」と、
こうして書き出してみるととても普通のことのようだけど……でも、
ああ、こういうことを繰り返して、ひとは洗練された大人に
なっていくのだなあとしみじみ思いました。

漫画家の高野文子さんが「馬鹿を直すために読書をする」と
おっしゃっておられるのを以前に読んだことがあるような気がする
のですが、

世の中には色々なひとがいて色々な考え方をしていて、
瞬間の判断では
「わからないなあ」とか「それ、好きじゃないなあ」と思って
切り捨ててしまいがちなことも多いのだけれども、
そうしない寛容さと強さと知恵を、読書は教えてくれるのだなあ、と。
でもそれにはやっぱり、読みこむ努力が必要だなあ、と。
読書以外のことでも同じなのでしょうけれども。

それから、それとは別に、
寅さんを観なければと思いました。


写真は姫路のお菓子「五層もなか」です。
コーヒーとあいますよと教えてもらったので
自宅に戻ってから、コーヒーと一緒にいただきました。
白あんに、かすかにチーズとチョコレートの味わいがします。



くまくまちゃんの展示は今日までです。
展示最終日に間に合うように記事をアップしようと思ったので、
急いで書いた文章になってしまいました。

Check
| kumaneko2009 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode