Page: 1/30   >>
東峰村豪雨災害チャリティー展

東峰村豪雨災害チャリティー展に参加します。

恵比寿のギャラリーまぁるさんで、10日からです。

 

昨年の豪雨で被害を受けた福岡県中南部の「東峰村」に想いを寄せる、

絵本作家有志によるチャリティー展です。
 

東峰村で、2014年11月に『りすでんわ』の原画展を

開かせていただきました。

その折に1泊の強行軍で訪れましたが、短い滞在の間に

村の皆さんにとても親切にしていただき

お世話になりました。

 

 

 

チャリティー展のためにどんな絵を描いたらよいのだろう。

ぼんやり考えた末に、私自身の思いのある土地に関係するものを。

と、以前描いた、家の庭の絵や、窓から見上げた空の絵を切って

洋服を作りました。

 

 

 

 

↑早春の庭の絵のジャケット。

 

 

 

 

↑夕焼けのスカート。

夕焼けの、でも、かなり大きめの絵を切ったので、夕焼け感が出なかった…

 

 

東峰村では、きのうも避難指示が出ていました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

飯野和好・石井聖岳・おくはらゆめ・菊池日出夫・篠崎三朗・
スズキコージ・高木さんご・高橋和枝・垂石眞子・永井郁子・
夏目尚吾・にしはらみのり・西村繁男・福田岩緒・和歌山静子

 

2018年7月10日(火)〜7月15日(日)
12:00〜19:00  最終日16:00まで

 

 

素敵な絵本作家さんがたくさん参加しておられます。

近くにお越しのことがありましたら、ぜひぜひお立ち寄りください。

 

※ 売上の一部を義援金として寄付いたします。

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『あ、あ!』ねこしおり 文・高橋和枝 絵

現在『あめのひのくまちゃん』のフェアを開いていただいている

姫路のおひさまゆうびん舎さんですが、

実は、

ここでお知らせをしそびれてしまったのですが、

三月にもわたしの絵本のフェアをやってくださっていました。

 

ねこしおり 文/高橋和枝 絵 の赤ちゃんえほん

『あ、あ!』です。

 

ちいさな男の子が、さんぽをしながらいろいろな動物に

出会う絵本です。

 

おひさまゆうびん舎さんの中がこんなに可愛らしいさんぽ道に!

 

 

 

そして4月からは

このときおひさまゆうびん舎さんが切ってくださった

男の子や犬、猫、おはなたちも一緒に

姫路駅前のジュンク堂ピオレ姫路店さんにてパネル展も開催されました。

 

おひさまゆうびん舎さま、ジュンク堂の I さま

本当に本当にありがとうございました。

 

 

| kumaneko2009 | 21:42 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
『あめのひのくまちゃん』のフェア

久しぶりのブログになってしまいました。

 

姫路のおひさまゆうびん舎さんにて

『あめのひのくまちゃん』のフェアをしていただいています。

素晴らしく素敵に飾り付けをしてくださいました。

 

 

 

お店の中に雨がキラキラと降っています!

 

 

ちいさなくまちゃんがのはらを散歩しています。

のはら、なんて可愛い!!!

 

 

 

原画も1枚飾っていただいてます。

 

 

姫路では今、姫路文学館にて『いわむらかずおの世界』展が

開かれています。原画もたくさん展示されているとのこと。

いわむらかずおさんの原画は、展覧会で一度だけ拝見したことが

ありますが、あまりの美しさにびっくりしました…

 

『いわむらかずおの世界』展にお出かけの際は、ぜひ

おひさまゆうびん舎さんもお訪ねください。

店主の窪田さん、BGMでかかっている世田谷ピンポンズさんの歌、

そしてたくさんの絵本がむかえてくれます。

『あめのひのくまちゃん』も一緒に。

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『おひさま』

小学館の読み聞かせ絵本雑誌『おひさま』が休刊になりました。

23年も続いてきた雑誌です。

 

最終号に、ひとつおはなしを載せていただきました。

『かえるふどうさん』です。

 

 

 

 

もともとは、鳥が巣を、壁に作ったり木に作ったり、

はたまた人が作った鳥小屋に住み着いたり、そのようすを

春のおはなしにしたかったのですが、なんだかんだあって

冬が最終的な舞台になり、最終号に載せていただくことに

間に合いました。

 

 

 

わたしが『おひさま』にさいしょにお世話になったのは、

2011年の11月号『くまのテレビ』

 

 

翌年2012年の12月号に『くまのクリスマス』を掲載して

いただき、嬉しいことにそれが絵本になることが決まりました。

出来上がったのが2015年。2年半かかってしまいました。

 

絵本の発売とときを同じくして、その年の12月号には

『くまのクリスマス』のスピンオフ

『クリスマスはとうみんちゅう』を

掲載させていただきました。

 

 

長い『おひさま』の歴史の中で、わたしがお世話になったのは

ほんのちょっとでしたが、

すこしずつすこしずつ、

絵本作家として育てていただいてきたなあと

振り返ってその思いを強くしています。

 

またいつか復活してほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 14:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
寒中お見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

年末にひいた風邪がなんとか治り、

わたしの2018年は1月のなかばにさしかかり

ようやくスタートした感があります。

 

やりたいことがたくさんあるのです。

気持ちはあせっているのに、

関係ないことばかりして、だらだらしている。

いそいでゆっくり頑張りたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 18:50 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
『くまのこのとしこし』のサイン本!

 

 

年の瀬のこの時期に合わせて

姫路の古本屋さん、おひさまゆうびん舎さんで

『くまのこのとしこし』のサイン本を扱って

いただいています。

 

サインの紹介をしてくださっています。

↑この記事の中に店内の写真もあるのでぜひ見てみて

ください。

こんなに可愛いコーナーを作ってくださいました。

ほんものの毛糸のマフラーをしているくまのこ…!

ひゃあ!

 

さいきんのわたしのマイブーム

オリジナルのキャラメルも作りました。

くまのこのとしこしキャラメルです。

縮小をかけて小さくなりすぎてしまったためか

くまのこの目が

ものすごくものすごく小さくなってしまいました…

キャラメルは今日ようやく出来上がってきたので、

早速姫路に向けて発送しました。

 

お近くにお住まいの方はぜひぜひ

姫路の素敵な古本屋さん、おひさまゆうびん舎さんに

行ってみてください。

 

おひさまゆうびん舎さんでは

もうすぐ江頭路子さんのフェアがはじまるようです。

貴重な原画の販売もあるとのこと!

江頭さんのフェアの間も並行して

『くまのこのとしこし』売っていただいています。

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 19:17 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
なんてすてきないいてがみ

学研のおはなしえほん10月号、薫くみこさん作『なんてすてきないいてがみ』

の絵を描かせていただきました。

 

 

てがみにまつわる、やさしいきもちとうれしいきもち、

それから小さなぼうけん

…が、詰まったおはなしです。

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 17:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
どうぶつおそうじサービス

大阪 あべのハルカス近鉄本店ウィング館8階 近鉄アート館

で開かれている「I LOVE猫絵本展」の中で

2011年に月刊MOEで1年間連載させていただいていた猫日記

パネルにして飾っていただいています。

有名な作家さんの中に紛れ込んでしまって、心苦しいです。

素敵な猫絵本の原画が見られたり、オリジナルグッズも充実しているようです。

12月10日までなので明日まで!なのですが、

巡回をする可能性もあるとのことなので、

私でも行きやすい地域に来てくれたらいいのにな。

 

 

世界文化社の月間絵本『おはなしワンダー』の12月号を描かせていただきました。

 

『どうぶつおそうじサービス』です。

 

どうぶつたちのおそうじサービス隊が

大晦日の日に大掃除に来てくれるという、

「こんなことがあったらいいなあ」という…夢!…です。

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Kuma-Kuma Chan’s Travels

 

知ってはいるのですけれど…時がたつのは早い!

もう12月とは。びっくりだ。

 

クーベルチップさんでの原画展もあっという間に終わってしまいました。

おいでくださった方々、ありがとうございました。

 

 

 

絵本『Kuma-Kuma Chan’s Travels』(日本語版タイトル『くまくまちゃん、たびにでる』)が

アメリカの書評誌カーカス・レビューによる文学賞・カーカス賞の児童書部門に選んでいただいた

そうです。

75タイトルの中の1冊とのこと。

こんなに有難いことはありません。

 

w.poplar.co.jp/topics/43430.html

ポプラ社のサイトでは

カーカス・レビュー誌に載った書評を紹介してくださっています。

 

 

くまくまちゃんには、

自分がつくったキャラクターではありますが、

不思議なもので、今までにいろいろな場面で

その存在に救われてきた気がします。

 

 

 

 

 

発売中の読み聞かせ絵本の雑誌『おひさま』12/1月号の付録DVD

冬のふわふわDVDの中に『くまのクリスマス』をおさめていただきました!

くまたちがしゃべって動きます(すこしですが)。雪もふります。

おひさまのDVDのラインナップの中に加えていただくのは夢だったので、

とても嬉しいです。

 

 

 

| kumaneko2009 | 00:11 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
あめのひのくまちゃん 原画展

 

 

お知らせが遅くなってしまいました。

 

横浜弘明寺にある絵本屋さん子どもの本&クーベルチップさんで

『あめのひのくまちゃん』の原画展を開いていただいています。

11月26日まで。

 

地下鉄弘明寺駅から徒歩3分、京急弘明寺駅から徒歩7分。

弘明寺商店街の中ほどにある観音橋 の すぐそば。

 

 

家にビニールクロスがたくさんあって、

いつかこれを使って水たまりを作りたいと思っていたので、

この機会に作ってみました。

しかし、どうもわたしのやる工作は中途半端で、

なにがやりたかったのかよくわからない出来になってしまいました。

が、写真に撮ると、なかなかよい雰囲気に見えます。(そうでもないですか?)

 

 

この水たまり↑を、棚の上に置いてもらいました。

 

せっかくだから床にも水たまりがあったらいいなあと思い、

次に行く機会には床用の水たまりを持参するつもりです。

 

 

作った本はどの本も自分にとっては1番大切な1冊なのですが、

『あめのひのくまちゃん』にはそれとは別の、すこし特別な思い入れがあります。

その気持ちを書きたいなあと思って、あめのひのくまちゃん原画展のしおりを

作成してみました。

でも、書きたかったことは書けませんでした。

お持ち帰り自由なので、ぜひぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

キャラメルもあります。

 

 

 

 

弘明寺商店街、とても楽しい商店街です。

今調べたら、弘明寺は横浜最古のお寺だそうです。

弘明寺へのお参りも兼ねて、ぜひぜひお越しください。

 

月、火、水は定休日です!

木曜〜土曜 11:00から18:00

日曜祝日  12:00から17:00

 ------------------------------------------------------------------------

 

 

 

25日にはワークショップを開きます。

 

12日の14時から16時までお店にいる予定ですが、

いまちょっとバタバタしていて、もしかしたら

予定がかわるかもしれません。

また改めてお知らせします。

 

 

| kumaneko2009 | 23:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode