Page: 1/35   >>
原画展終了しました。

 

1週間たってしまいましたが、

ティール・グリーン in シード・ヴィレッジでの

『あめのひのくまちゃん』の原画展が無事に終了しました。

 

梅雨の、この『あめのひのくまちゃん』にぴったりの季節に、

ティールグリーンさんで原画を見ていただく

ことができて、しあわせな1ヶ月間でした。

 

お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

現在ティールグリーンさんでは えがしらみちこさんの

『きょうもうれしい』原画展がはじまっています。

手書きのキャプションや、絵本が出来上がるまで

(アイディア出しや絵本の設計図、編集者とのやりとり)を

まとめたファイルも拝見できるそうです。

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 23:18 | comments(0) | - | pookmark |
『あめのひのくまちゃん』メッセージカード付き

 

28日まで、武蔵新田の絵本屋さんTEAL GREEN in  Seed Village

『あめのひのくまちゃん』原画展を開催中です。

ティールグリーンさんでは、しばらく時間短縮で絵本コーナーのみの営業と

なっていましたが、6月3日から通常営業に戻っています。

ティールームも再開になりました。

 

11日(木)と20日(土)の午後はわたしもお店にいます。

 

本をお買い上げくださった方のために、おまけのメッセージカードを作りました。

メッセージを書き込む用ではなくて、すみません…わたしからのメッセージです…

 

web販売もありますよ。

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 14:51 | comments(6) | - | pookmark |
『あめのひのくまちゃん』原画展

 

みなさま お元気でお過ごしでしょうか。

 

今日、6月3日から

武蔵新田にある絵本屋さん

TEEL GREEN in Seed Sillageにて

『あめのひのくまちゃん』の原画展を開催していただきます。

 

 

 

不安の多い毎日ですが、

この、ぴったりの季節に原画を飾っていただけること

(1年前から決まっていた原画展ですが)無事開催していただけること

ほんとうに嬉しいです。

 

もし、お近くにお越しのことがありましたら、ぜひ。

28日(日)まで です。

 

またゆっくり記事を書きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 00:29 | comments(0) | - | pookmark |
猫吸い

 

オンラインショップで買い物をしたら

商品の発送が済んだ旨のお知らせのメールが来ました。

 

ポスト投函で届くことになるのですが、

「それまでの間

 オニギリ氏(猫)を吸って楽しみにお待ちください」

と書いてあって、笑ってしまいました。

(うちのオニギリ氏のことをご存知のお店なので)

 

吸って待て、と。

 

というわけで、

背中からもお腹からも吸っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の方に無断で書いてしまいました…

許してください…

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 22:42 | comments(0) | - | pookmark |
親子で絵本時間

 

絵本作家の えがしらみちこさん が たちあげた えほんやさん の企画

『親子で絵本時間』に参加させていただいています。

 

SNS(Twitter・Instagram・facebook)に「#親子で絵本時間」をつけて

絵本にまつわる思い出を投稿してください。

抽選でサイン&メッセージ付き絵本を送らせていただきます。

詳しくはこちらを。  5月3日まで。

 

 

 

 

 

私自身は、自分に子どもはいないし、

そして自分が子どもだった頃には、親に絵本を読んでもらった記憶が

ほとんどありません

でも、眠る前に父におはなしを語ってもらっていたことは覚えています。

父の「どんぶらこー どんぶらこ」とリズムに乗せて話す声を聞くのが

好きでした。

 

どんぶらこ、と話し出すからといってその話は「ももたろう」とは限らなくて、

そしてはじまりは有名な昔ばなしでも、そのうち脱線してなにか適当な

身近な話になっていたように思うのですが、いや、おはなしってほどの

ものでもなかったはずで…でも残念なことに、いまとなっては父が

なにを話してくれていたのか、なにひとつ、さっぱり思い出せません。

父、申し訳ない…

 

ただ、この投稿をするにあたって「どんぶらこ どんぶらこ…」と考えていたら

父の声を、そのときの部屋のようすと共に思い出し、ああ、ここは

小学生になって引っ越した家の両親の寝室だ、と。

その頃はもう、わたしは兄とふたりで子ども部屋をもらってそこで寝ていたはず

なので、ああ、そうか、眠る前に「おはなしして」って、両親(と弟)の寝室に

しのびこんでいたのだなあと気がつきました。

忘れていたわけではないけれど、特に意識していなかった思い出でした。

 

しかし、ああ、これは、絵本にまつわる話じゃないですね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 22:46 | comments(0) | - | pookmark |
ワークショップのこと

もう2ヶ月近く前のことになってしまいましたが!

蓬BOOKSさんでの『つたえたいことば』原画展が

2月24日に無事に終わりました。

たくさんの方に来ていただき、

本当にどうもありがとうございました。

 

最終日にワークショップを開きました。

 

ここ2、3年で開くようになったワークショップですが、

内容は毎回ほぼ同じで、

コピックを使ってふわふわの動物を描いてもらい

(このとき、ちょっとした裏技をお教えしてます)

そのあと、

その動物の住む「家」を作ってもらいます。

(家の土台はわたしが事前に作って持っていきます)

 

 

出来上がってくる家たちは、どれも可愛くて

興味深いです。

 

理想のお部屋を作るひと。

実際の自分の家を思い出しながら作るひと。

そこでどんなふうに暮らすのか物語を細かく想像しながら作るひと。

とにかく大勢の動物をにぎやかに住まわせるひと。

お手本を見て真面目に描くひと。

本がいっぱいの本棚を描くひと。

壁に絵をたくさん飾るひと。

ハンモックを吊るすひと。暖炉をつくるひと。

 

自由な発想で、びっくりするような楽しい家をつくるひともいるし、

どうしたらよいのかわからなくて、とりあえず床を描いて

壁を塗るだけのひともいます。

でも、

たとえ楽しむことに苦戦したあとが見てとれたとしても、

みなさん前向きな気持ちで、楽しむつもりで

来てくださっているからか、いつのワークショップにおいても、

その人らしさがそこはかとなく滲み出て

独特な家がいくつもできあがってきます。

 

どの家も健気で愛らしくて、その佇まいが、ああ、

美しいってこういうことなのかなと思って、

なんだか「はーっ」とします。

 

ワークショップは、正直なところ、あまり開きたくないというか、

…いや、開きたくないわけではないのですが…自分がやることに

迷いと疑問だらけで、その気持ちと葛藤しながら毎回やっています。

来ていただくからにはなにか(楽しい気持ちとか、クリエイティブな

なにか、とか)を持って帰っていただかないと…

という気持ちではじめるのですが、でもたぶん、その気持ちは

思い上がりなのでしょう。

ワークショップをすることで、むしろわたしのほうが、

たくさんのことを教えてもらって、楽しいなにかを

いただくのだなあ…と、毎回そんなことを思います。

 

 

今回のワークショップでできあがった家たち。

許可をいただいた写真を載せます。

 

 

小学生の女の子が作ったおうち。

誰よりも早く手を動かしはじめてた!

迷いのない、レンガとお花の表現がかっこいい!

と、

そこに住んでいるトイプードル。

 

色のひびきあいが綺麗なお部屋です。

 

そして、その女の子の妹さん(就学前)が、

お母さんといっしょに作ってくれたおうちです。

きっとお姉さんの花壇が羨ましかったのですね。

ちょっと似てる。

一生懸命塗って、味わい深い外壁と屋根ができあがりました!

 

 

ご参加いただき、ありがとうございました。

蓬BOOKSさんでは、引き続きサイン本の販売をしていただいています。

オンラインショップのこちらにて。

 

 

みなさん、お元気でお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 09:54 | comments(4) | - | pookmark |
猫に時間の流れる

 

 

3月4日からはじまったジュンク堂書店姫路店での

『あめのひのくまちゃん』の原画展、

おひさまゆうびん舎さんでの

『ハートウッドホテル』フェアですが、

そろそろ終わりが見えてきました(4月6日までです)

 

いま、こういう状況ですが、それでもたくさんの方々が

お越しくださって、本を買ってくださったとのことで、

本当に本当に、どうもありがとうございました。

 

 

 

おひさまゆうびん舎さんでは

ハートウッドホテルシリーズ1〜4巻と

あと『りすでんわ』のサイン本が、

それぞれまだ数冊ずつ残っているとのことですので、

もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、

ぜひ。郵送も対応してくださいます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おひさまゆうびん舎さんは主に絵本をとりあつかう古本屋さん

ですが、絵本に限らずいろいろな本を売っています。

文学も児童書も美術書もちょっと流行ったような本も新しめの本も

こどもの頃に読んでいた今はもう絶版になったような本も

お店の中にぎゅっぎゅっと、詰めこまれています。

 

上の写真は、以前おひさまゆうびん舎の店主・窪田さんが

プレゼントしてくださった本。

保坂和志さんの『猫に時間の流れる』

お店の売り物の中から選んでくれたのであろう1冊です。

 

この本をいただいた頃ちょうど、猫と暮らすって

どういうことだろうとすこしだけ悩んでいました。

家で暮らす猫はどう生きるのがしあわせなんだろうな、とか、

そんな感じのことを。

なのですが、この本を読んでいたら答えが見つかったような

気持ちになりました。

いや、答えなんてあるわけはなくて、人間と猫の数だけ

いろいろな考え方、いろいろな生き方があるってだけ

なのですが。

ただ大切なのは、その猫のために、その猫とどう関わるか

自分の頭で考えることだ、と。

そんなことを、本を読みながらぐるぐる考えて、目の前の

霧が晴れたような気持ちになりました。

 

自分の頭で考えて悩んで、よかったと喜んだり、ままならないことを

諦めたり、間違いだったと悲しんだりしながら生きていくことしか

できないのだ。

 

本の中で語られているのは猫の話なんですけど、

これは私の話だと思いました。

猫との関わり方を通してわたし(世界にぽつんと佇んでいる)を観る…

…その見方を教えてくれるような本だなあと思いました。

 

いまは、先が見えない不安の中にいて…

今まで以上に考えることを

手離さないでいかなければと思うのですが…

 

 

 ※3/30追記 『りすでんわ』は完売したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 23:21 | comments(0) | - | pookmark |
ハートウッドホテル フェア

 

おひさまゆうびん舎さんが

ハートウッドホテルのフェアの写真を送ってくださいました。

素晴らしいです。

ぜひ見てください!

 

 

本の装丁と同じ書体の『ハートウッドホテル』の文字が!

書名の下に4巻の原画を飾っていただいてあって、

その下に

ホテルのオーナーのハートウッドさん(アナグマ)と

受付係のジルさん(トカゲ)がいます。

 

 

 

左にいるのがホテルのメイド、ティリー。

その隣にいるのが主人公のねずみのモナ。モナもメイドです。

右端ではスラスーラさんが読書中。

 

 

 

ハートウッドホテルは巨木の中にあって

太い枝がテラスになっています。

テラスにいるのはティリーの弟ヘンリー。

 

 

木のこぶで出来ている、ホテルのポスト。

 

 

ハートウッドホテルと同じ森の中に

『りすでんわ』に登場するりすも住んでいるのですよ。

 

 

 

りすが でんせんを つたって

 

 

おばさんの家へと走ります。

 

 

お店の中が森になっていますよ!

(絵本の中の木とそっくり)

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 12:45 | comments(0) | - | pookmark |
姫路で原画展とフェアがはじまります!

3月4日から4月6日までの1ヶ月間、

姫路で原画展とフェアを開いていただきます。

 

ひとつめは、ジュンク堂書店姫路店

(JR姫路駅前ピオレ2、2F)で。

あめのひのくまちゃん』の原画展がはじまります。

 

 

 

かわいい看板がありますー

 

 

期間中、展示替えがあります。

➀ 3月 4日〜3月14日

➁ 3月15日〜3月25日

➂ 3月26日〜4月 6日

上記の3回にわけて、『あめのひのくまちゃん』の

原画を全て飾っていただきます。

このお店の児童書売り場の雰囲気好きです。

居心地がよいんですよー

 

 

『あめのひのくまちゃん』と

『くまくまちゃん』シリーズ3冊のサイン本を

置いていただきます。

 

 

※ ※ ※ ※ ※

 

そしてそして

いつもとてもお世話になっている古書店

おひさまゆうびん舎さん

(9周年おめでとうございます!)では

このたび最終巻が発売されたハートウッドホテルシリーズの

フェアがはじまります。

 

フェアにあわせてお店の飾り付けをしてくださっている

ようなのですが…

まだ全貌はわからないのですが、

これは途中で送られてきた、ハートウッドホテルに登場する

かたつむりのスラスーラさん(速読の名手)!

すごい!本読んでる!めがねもかけてます!(本に出てくるそのまま!)

 

 

 

おひさまゆうびん舎さんでは

私のサインだけなのですが、ハートウッドホテルのシリーズ4冊の

サイン本を扱っていただきます。

それから、『りすでんわ』のサイン本もありますー。

 

 

姫路に行くことがありましたら、

ジュンク堂さんとおひさまゆうびん舎さん

ぜひぜひ両方巡ってみてください!ぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 00:30 | comments(0) | - | pookmark |
猫はしっぽでしゃべる

 

 

よもぎBOOKSさんで買いました。

 

坂本千明さんの描いた猫の装画に惹かれて

出会ったら買おうと決めていた一冊を、

よもぎBOOKSで見つけました。

 

 

坂本さんご本人から「本文中に『さよならのあとで』が

出てきますよ」と教えていただいていたこともあって、

とても読みたかった本でした。

 

 

中は読まずに、そのまま家に連れて帰ったのですが、

1ページ目を読みはじめて、もう、すぐ、これは好き

ってなった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『猫はしっぽでしゃべる』 田尻久子 (ナナロク社)

 

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 23:40 | comments(2) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode