Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
『月夜とめがね』原画展

 

『月夜とめがね』の原画展があります。

 

 

「月夜とめがね」原画展のお知らせ

 

9月19日(火)〜10月8日(日)

 

場所:TEAL GREEN     in Seed Village

       お茶ののめる絵本の店です。

          東急多摩川線 武蔵新田駅そば(歩いて5分くらい)

 

 

open 11:00〜18:00

定休日/月曜日、第2火曜日

 

 

 

昨年末に種村有希子さんと「くまとめいくんのクリスマス」展を

開いていただいた武蔵新田の素敵な絵本屋さんティールグリーンで

「月夜とめがね」の原画を展示していただきます。

嬉しい!

 

9月30日(日)には茶話会があります。

恥ずかしながら。

お茶とお菓子付き、1000円です。

要予約なので、詳しくはティールグリーンさんに

お問い合わせください。

 

お茶が飲める絵本の店

TEAL GREEN in Seed Village

TEL/03-5482-7871 FAX/03-5482-7872

OPEN/11:00-1800

定休日/月曜、第2火曜日

 

 http://teal-green.com

 

 

 

また改めてお知らせします。おそらく。

 

 

 

 

 

 

 

| kumaneko2009 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
くまくまちゃん展終わりました。
『くまくまちゃん展』が無事に終わりました。
お天気にもまあまあ恵まれ…雨も降りましたが
それもまたよしで、
ギャラリーコンテクストの小さな庭の
ひめりんごの花びらが舞う中、
慌ただしくも和やかな
5日間を過ごしました。



札幌のカフェ ロヴァニエミさんが
くまくまちゃん展のために作ってくださったお菓子
パルミエ↓


と、キッフェルンです↓

お菓子本体があんまり写っていないけど(;´-`)

「くまくまちゃんが好きそうなお菓子」ということで
考えて作ってくださいました。
本の中の世界に味覚が加わるのって、特別な体験でした。
奥行きがスッと変わるように感じて。


展示の様子。


入り口のところ。あいさつのことば(長々と書いてしまった!)と
双眼鏡をのぞくくまくまちゃん。


くまくまハウス。
下のほうに見える黄色いものは色紙のたんぽぽ。
後ろの木にくっついているのは、メジロの巣です(ほんもの)。


くまくまハウス室内(労作!)


初日と2日目は、ロヴァニエミさんの珈琲をいただくことができました。


図書コーナー。わたしが今まで携わった書籍をあれこれ置いてみました。


今まで展示は何度もしてきましたが、今回ほど
まわりの方々のお心遣いを身にしみて有り難く
感じたことはありませんでした。
たぶん、もうすこし若い頃はもうすこし思い上がって
いて、いろいろなことわかっていなかったのだと
思って、いや、今もまだ、わかっていないかもだけど…

お忙しい中足をお運びいただいたみなさま、
気にかけてくださったみなさま。
どうもありがとうございました。

くまくまちゃん展を企画してくださり
辛抱強くわたしの要望を聞いてくださった
コンテクストオーナーの石神さん。
過密スケジュールの中美味しいお菓子を大量に
札幌からかかえて持ってきてくださったロヴァニエミさん。
準備や宣伝で大活躍してくれた上に、
大切な膝掛けまで貸してくれたコンテクストスタッフの駒ケ嶺さん。
そしてそもそも、
くまくまちゃんのようなすっとこどっこいな本を
一緒に作ってくださったポプラ社の方々。
本当にありがとうございました。

阿佐ヶ谷でも多大なる存在感を放っていた
姫路のおひさまゆうびん舎さん(ガーランドや、ぬいぐるみの作者)、
地味に応援してくださったともだち書店さんも。
ありがとうございました。


さいごに、家の猫オニギリ氏にも感謝を。
オニギリ氏のおかげで繋がった縁がたくさんあり、
そのことに気持ちの上でとても助けられました。
なのに、毎日夜遅くまではらぺこなまま待たせてしまって
申しわけなかった…


鼻くそついてる↑

| kumaneko2009 | 22:26 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
展示のお知らせ ふたつ
直前のお知らせになってしまいましたが、
西荻窪のウレシカさんにて開かれる ペットショップへいく前に展 に参加します。
明日からです。

わたしは、猫の絵を数枚出品します。
ほんとにちょっとなんですが。

これは新しく来た猫のオニギリ氏(オニギリみたいだからオニギリ氏)

↑『オニギリ氏登場』



↑『こわがりのオニギリ氏。』
(いつもとちょっとタッチが違ってしまったけど、オニギリ氏っぽく描けた)


それからもう1枚、
3月に他界したハナちゃんが眠っている姿を描きたいと思い、
以前描いたスケッチをもとに絵をおこしていました。
なのですが、何枚描いてもうまくいかず
だいぶ落ち込んでしまいました。
落ち込んでいてもしようがないので、最終的にそれはあきらめて、
だいぶ前に描いた絵(モデルは、ハナちゃんの前にいたにゃーこちゃん)を
額装して飾っていただきます。

10月3日まで。
----------------------------------------------------------------------

そして、
10月8日から23日まで、
伊豆の国市にあるギャラリー noir/NOKTAにて
石神照美さんとの2人展を開かせていただきます。



2人展 『日々、綴る。』


8日は、石神さんとふたり、在廊します。
高田竹弥さんの個展「時間の国」も同時に開催されます。

----------------------------------------------------------------------

6月、7月、8月と慌ただしく過ごしており、
いろいろなことが重なって問題が山積みで
なにに優先順位をつけて処理していったらいいのか
長いこと混乱していました。

オニギリ氏の話も書きたいと思っているのに。

たいへん恐がりな猫で、さいしょのうちは怯えるあまりに
触るものみな傷つけていたオニギリ氏ですが、
家にきて3ヶ月がたちだいぶ慣れてきました。
以前は、オニギリ氏の視界に入る位置に手をかざすと、それだけで
有無をいわさず鋭いパンチをお見舞いされていましたが、
今では、真っ正面…だと、いまだにパンチがきますが、
ななめ前くらいから手を出せば大丈夫で、それどころか
おとなしく触らせてくれるようにもなりました。



「りすでんわ」が、ほんとにちょっとではありますが
重版されたことや、
車がマニュアル車からオートマ車に変わったことや、
一方で携帯電話が息も絶え絶えなこと(でもまだ頑張って使っている)
など、
いろいろ書きたいなあと思っています。


| kumaneko2009 | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
「月夜とめがね」原画展/朗読会のこと
ギャラリー・コンテクストでの
「月夜とめがね」原画展
初日の夜は朗読会でした。

読んでくださったのは、
札幌にある珈琲店、板東珈琲のマスターです。


↑朗読会の様子。
マスター、ハンサム…。


暮れてゆく街と
通りから聞こえてくる路面電車の音と
ほのかな蝋燭のあかりの中で

マスターの朗読の声に耳を傾けていると、
物語の中のおばあさんと同じく
いま自分がどこにいるのかわからなくなる気が
しました。

たぶん、このときの印象が強烈なので、札幌にいた3日間が
不思議な時間旅行したような記憶になっているのだと
思います。

マスターの朗読のあと
わたしも、「あめのひのくまちゃん」を
読ませていただきました。
すみません、すみません。

ところで実は
「あめのひのくまちゃん」は、その日の午前中に
ヒシガタ文庫さんでも読ませていただきました。
すみません、すみません!

つづく。





| kumaneko2009 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
札幌の原画展
札幌に行ってきました。
楽しかった!




ギャラリー・コンテクストの様子。
ここに飾っていただくと
物語の世界が息づくようでした(感涙)

「月夜とめがね」の原画とは別に
猫とか鳥とか花とか、身近なものを描いた絵も
すこし飾りました。



コンテクスト内にできた移動カフェのロヴァニエミさん。
チーズケーキのあまりにもの美味しさよ!











そしてこちらは「あめのひのくまちゃん」を飾っていただいている
ヒシガタ文庫さん。





原画を低い位置に置いていただいていることにびっくりしましたが、
それがとても効果的で、この並べ方は天才的だなと思いました。
明るくて可愛くて楽しい本屋さんです。札幌にお住まいの方は
ぜひ行ってみてください。
『あめのひのくまちゃん』の展示は12日まで続きます。


↑ヒシガタ文庫さんで買ったバッジ。







札幌滞在中、大部分の時間をギャラリー・コンテクストで
過ごしました。
それ以外は車で20分程の場所にあるヒシガタ文庫さんに
とんぼ返りで行ってきただけで
札幌の地面をほとんど踏むことなく家に帰ってきたのですが、
それなのに、
不思議な街にゆっくりと時間旅行に出かけてきたような
そんな感覚です。

つづく。
| kumaneko2009 | 21:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode