Page: 1/1   
オニギリ氏の話





猫のオニギリ氏が家にやってきて、8ヶ月がたちました。

もともと外で暮らしていた猫だったのですが、
知らない土地の知らない家にいきなり連れて来られて
当初はずっと怯えていました。
最初の二ヶ月間は、日中は隠れてばかりいた
(主に仏壇の裏に)
ので姿を見ることすらままならなかったし、
姿が見えても始終ぴりぴりしていたので
そばによると、いやそばによったつもりもないのに、
急にとんできてひっかかれたり噛まれたりしました。
夜中にうっかり見つめ合って、とびかかられて顔に
爪をたてられ、唇からびっくりするほど血が出た
こともありました。(気が立っている時の猫と
見つめ合うのが悪いのですが)

なのですが、すこしずつ、ほんとにすこしずつ
気を許してくれているのは、すぐにわかりました。
先週はしてくれなかったのに、今週はこんなことを
してくれるようになった!
そんな喜びを、小分けにして毎週毎週、
何ヶ月もの間ずっと、今も、
味わせてもらっています。
今ではもうほとんど引っ掻かれることはなくなったし、
甘噛みもしてくれるようになりました。

そしてきのう、ついに
オニギリ氏がわたしの布団の中に。

猫と暮らす者なら誰しも、猫と一緒に眠る
冬の布団のあたたかさを夢見る
と思うのですが。

1ヶ月くらい前から、ベッドに乗ってくるようにはなって
いたのです。
ですが、布団の中には絶対に入ろうとしませんでした。

オニギリ氏は、普段からなにかの中に入ることを嫌がります。
猫なら好きそうな箱の中や袋の中、押し入れの中に、
全く入ろうとしません。
入ったらさいご、閉じ込められたり、あるいはそのまま
逃げられなくなるのを恐れているのではないか
そんな気がします。

そのオニギリ氏が、なんの気まぐれか、いやついにそこまで
心を許してくれたのか
わたしの布団の中でゴロゴロと喉をならしながら一緒に眠って
くれました。
昨夜は感動にむせび泣きました。

よいヴァレンタインデーでした。


| kumaneko2009 | 23:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
猫がやってきました。



猫のハナちゃんが逝ってから3ヶ月、
早くもニュウフェイスがやってきました。

猫は、またすぐ飼うつもりではいたのです。
でもこんなに早く迎えることになるとは
思っていませんでした。

「友だちが猫のひきとり手を捜しているのだけれども、
どうかな?」と友人からの打診があったとき、
メールに添付された写真を見て、更にその様子を聞き
家にいるところを想像して、軽くショックを受けました。
ハナちゃんがいる私の家、あの空間はもう永遠に消えたのだと
再確認させられた気がしたのです。

この猫はひきとれない。今は無理だ

と思ったのに、ひと晩寝て起きたら
気持ちが真逆に傾いていました。

猫はできれば縁があって自然に来てもらえたらいいなと
思っていたので、これは願ってもないような機会でした。
それに、件の猫が黒っぽい(鉢割れの)猫だったことに
意味を感じました。
というのは、
その昔ハナちゃんが家にやって来た頃、亡くなった私の母は
よく「白い猫は嫌いだわあ。汚れが目立ってみっともなくて」
と言っていた(母はデリカシーのないことをわりにずけずけ
言うほうだった)ので、もしかしたら
ハナちゃんは生涯ずっとそれを気にしていて、それで
今度は黒っぽい猫をうちに遣わしてくれたのでは、と
そんなふうに考えたからです。
…完全なるこじつけですが。

というわけで、再び猫と暮らしています。


上の画像は、先月コンテクストで飾っていただいた
ハナちゃんの絵です。
| kumaneko2009 | 10:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode