Entry: main  << >>
姫路の夜


「くまくまちゃんを描こう♪」のあとおひさまゆうびん舎さんと
夕飯をご一緒させていただきました。
書店員さんのIさん(この方にもいつも大変御世話になっている)にも
合流していただいて、とてもくだけた気持ちの楽しいおしゃべりで
姫路の夜は更けていきました。

おひさまゆうびん舎さんが最近読んだ本の話をされていたのが
印象に残っています。
信頼すべき本を読んだ。でも、どうしても好きになれない箇所があって、
それについてどう思うか読書仲間(その本をとても好きだと言っている)
に聞いて説明してもらって
「ああ、なるほどなって思って、それでちょっとその良さが
わかったと思ったんです」と、
こうして書き出してみるととても普通のことのようだけど……でも、
ああ、こういうことを繰り返して、ひとは洗練された大人に
なっていくのだなあとしみじみ思いました。

漫画家の高野文子さんが「馬鹿を直すために読書をする」と
おっしゃっておられるのを以前に読んだことがあるような気がする
のですが、

世の中には色々なひとがいて色々な考え方をしていて、
瞬間の判断では
「わからないなあ」とか「それ、好きじゃないなあ」と思って
切り捨ててしまいがちなことも多いのだけれども、
そうしない寛容さと強さと知恵を、読書は教えてくれるのだなあ、と。
でもそれにはやっぱり、読みこむ努力が必要だなあ、と。
読書以外のことでも同じなのでしょうけれども。

それから、それとは別に、
寅さんを観なければと思いました。


写真は姫路のお菓子「五層もなか」です。
コーヒーとあいますよと教えてもらったので
自宅に戻ってから、コーヒーと一緒にいただきました。
白あんに、かすかにチーズとチョコレートの味わいがします。



くまくまちゃんの展示は今日までです。
展示最終日に間に合うように記事をアップしようと思ったので、
急いで書いた文章になってしまいました。

| kumaneko2009 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:14 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode