Entry: main  << >>
大クモあらわる


「りすでんわ」の宣伝を精力的にしようと思っていた矢先、
巨大クモがあらわれました。



猫の頭くらいのサイズというのは、いくらなんでも
おおげさかも。
手のひらくらい。
でも、肉付きがよくて、足なんて、クモの足というより
太もも って感じがする。

ですが、このときは、
律儀にきちんとドアから現れたのが、
久しぶりの親戚のおじさんがひょっこり訪ねてきたように見えて、
ちょっと面白かったです。

5年くらい前にも、
夜中仕事をしていて、トイレに行こうと廊下の電気をつけたら、
トイレのドアに、こいつがへばりついていたことがありました。
こんな大きなクモを見るのはそのときが初めてだったので
(しかも家の中で)、
ものすごくものすごくびっくりしました。

人は、驚くと本当に『息をのむ』のだなあと思いました。


たぶん、アシダカグモだと思うのです(リンク先の画像に注意!)。



| kumaneko2009 | 22:56 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:56 | - | - | pookmark |
Comment
それはゴキブリを食べてくれるやつですね。きっと。
我が家ではジロー、タローと名付けて大切にしていました。結構なついてくれているのか、帰宅すると目の前に現れたりしていましたよ。新しいお家になってからお目見えしなくなってしまいました。。。
Posted by: いとうけいこ |at: 2010/09/21 11:46 PM
おそらく正解です!
まだ、巻頭では局地的で神奈川にはいるけれど、うちの方にはまだいないのです。

いとうさんのおっしゃるとおり、ゴキブリ嫌いには、最高のパートナーです。
Posted by: Taka |at: 2010/09/22 2:13 PM
けいこちゃん
なついていた?すごいなあ。さすが、けいこちゃんの家だよ!
でも確かに、名前をつけたくなるくらい、なんていうかこう・・・人っぽいよね。あの大きさで地面を歩き回るから、虫って感じがしないんだよね。

Takaさん
関東でも、棲息しているのは局地的なのですね。うちが、特にゴキブリが多いから出没するのかなあと思っていました・・・!
うちは、アシダカグモは5年に1回の出現率とはいえ、クモがやたらめったらいっぱいいるんです。家の中で、白いワタぼこりかと思ったものを破壊したら、中から小さな蜘蛛がたくさん出てきて、「蜘蛛の子を散らす」って非常に真に迫った言い回しなんだなあと感心したこともありました。
Posted by: タカハシ |at: 2010/09/23 9:51 AM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode