Page: 2/9  << >>
小川未明『月夜とめがね』 つづき
間が随分あいてしまいましたが、
「月夜とめがね」の宣伝のつづきです。



デザイナーさんであり絵本作家でもある
中嶋香織さんに装丁をしていただきました。
この、見返しの深い藍色から本文扉への流れ、
この色の見返しにこの本文が包まれているというところが
すごく好きで
なんて素敵な本なのだろうなあとうっとりするのです。
そして古風な字体が並ぶ文字の列が美しくて、
ああ綺麗な文字の並びってそれだけで
「読みたい」という気持ちにしっくりと寄り添って
くれるものなのだなあと
見ているときゅうっとなります。

中嶋さんはたくさんの本の装丁を
手がけてらっしゃるのですが、
大好きな「 引き出しの中の家」という本
……この本は、本屋さんで光って見えて
思わずジャケ買いしてしまった本なのです……その
装丁をなさったのが中嶋さんなのでした。
(ちなみに、「 引き出しの中の家」は文庫も出ていて
文庫の装丁も可愛いのですが、私が買ったのはこちらです)


ところで
「月夜とめがね」を初めて読んだのはいつだったろう?と
考えていたのですが、思いだせません。
ただ、読んでその悲しげな文体に感化されて
直後に書いた作文にやたらと「〜だったのであります」を
多用したら、先生に「語尾がおかしいです」と
大きくバッテンの赤字を入れられたことがあり、
そのバッテンを書いたときの先生の顔もぼんやり思いだすことが
できるのですが、
おそらく小学校の高学年の頃だったのだと思います。

小川未明のお話は…とても多作な方なので
私が読んだことがあるのは、その中でもほんのちょっとで、そして
あんまり上手に表現できないのですが……
怖さや悲しさや厳しさや醜さを含んだなにかをいちどそのへんに
ほおっておいて、
しばらくしたらそれをギュッと固めてポンッと置いたようなお話だなあ
と思ったりします。
「月夜とめがね」は中でもおだやかなやさしいお話ですが、
おばあさんが老眼で目がよく見えないこと、
針仕事をしながら自分の若い時分のことや遠くに住んでいる孫娘のことを
想像している姿に、そのようすは明るく穏やかで幸せそうなのだけれども、
読むたびに、ほんのほんのすこし胸が苦しくなります。

このお話をこどもが読んで面白いのか?と聞かれたら…私にはよくわからないのですが、
でも私自身が本物の子どもだったころ、確かにこのお話になにか魅力を感じたのだなあ。
きっと今とはすこし違う読み方をしていたのだと思いますが。

何はともあれ、好きなものを、やりたい形で、こんなにもじっくり丁寧に
作らせていただく機会に恵まれたことはとてもとても幸せで、
こんなことは今後の私の仕事人生においてはもう無いかもしれないです。
関わってくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
すこしでも多くの人に見ていただけたらいいなあと、切に思います。


宣伝したいことや書きたいことがあれこれあるのです。
ぽつぽつと書いていきます。
| kumaneko2009 | 10:20 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
小川未明『月夜とめがね』
わあ。
6月は忙しかった!
あっという間に7月で、7月も頑張ります。
そして、
『月夜とめがね』が発売になってから一ヶ月以上が
たってしまいました。



小川未明のお話、特に『月夜とめがね』は
こどもの頃から好きでした。
明るくて寂しくて本当のような不思議なような
月のきれいな春の晩のお話です。
大正11年に書かれました。

お話にそって絵をおこしていって
気がついたのですが、
頭の中で思い描いていたイメージや場面と
お話の実際の文章が必ずしも重ならなくて、

「こういう絵にしよう」と頭の中で
思い描いていた場面は、
しかし改めて読んでみるとそんな描写は
本文中には出てこず、

頭の中でいつの間にか自分だけの
『月夜とめがね』を作ってしまっていたのだなあと
思いました。

はっきりとした理想があって、
でもうまくそこに近づけることができなくて、
試行錯誤しながら作っていたら、
依頼をいただいてからかなりの時間がかかって
しまったのですが、

うまくいかなかったなあとか、
もっとこうすればよかったなあと思う点も
たくさんありますが、
作っては壊し作っては壊ししながら
丁寧に編み上げてきた(つもりの)本です。

月のあかりと
かすかに薫る花を感じていただけるといいなあと
思いながら作りました。
本屋さんで見かけることがありましたら
ぜひぜひ手に取ってみてみてくださいますように。

9月に下旬には、原画を飾らせていただく予定です。
場所は銀座です!

『月夜とめがね』の話題、もうちょっと続きます。



| kumaneko2009 | 00:05 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
広告


19日の朝日新聞(東京版)に『月夜とめがね』の
広告を載せていただきました。

この場所、サンヤツっていうのですね。

カラーサンヤツに載りますよ と
編集のYさんに教えていただいて、
カラーサンヤツって何だろう?
こども新聞とかその類い?と思ってました。
送っていただいた見本誌を見たら
普通の朝日新聞で、そこで初めて
サンヤツの意味を調べてみたら、
1面下の広告欄のことでした。



嬉しいです!
| kumaneko2009 | 09:47 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
夜の愉しみ方



株式会社風景写真出版から発行されている、
自然を見つめる人の写真誌『ライフスケープ』のvol.2に
イラストを描きました。

「夏の夜、森の楽しみ」という特集ページの中の
「夜の愉しみ方〜10の方法〜」という
見開きのページです。
楽しいお仕事でした。


写真が下手くそなのですが、↑こんな感じのページ。

迫力のある写真が満載の雑誌なのですが、
特にこの「夏の夜、森の愉しみ」特集の写真は
夜の動物たちの姿がとても不思議で綺麗で
美しいです。
機会があったらぜひぜひぜひ見ていただきたいです。
写真だけでなく、ところどころに配置されている
イラストもとても素敵な雑誌なのです。


(札幌のギャラリー・コンテクストで
いちどだけお目にかかったことがあるのですが)
北海道在住の自然画家、増田寿志さんのページもあります。


こんなゆったり絵が載ってます。
贅沢だなあ!



発売中です。






そして次回こそ、
『月夜とめがね』の宣伝をするのです!

| kumaneko2009 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ
『月夜とめがね』の宣伝の
その前に




4月のはじめにフォレスト出版から
刊行されました。
胎内記憶の池川明先生の
『男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ』の
装画を描きました。

赤ちゃんの生み分けについて悩んでいる方に
お勧めです。

池川明先生の本には、何冊か
装画と挿画を描かせていただいてます。




こちらは二見書房から出ている
池川先生の、マタニティダイアリーです。
出来上がったのは2年くらい前なのですけれども。
中にもイラストをたくさん使っていただきました。
ピンクを基調とした、とても可愛らしい本になりました。



| kumaneko2009 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
月夜とめがね


絵本が出来上がりました。
あすなろ書房さんから
小川未明の『月夜とめがね』です。

また改めて宣伝します!





| kumaneko2009 | 16:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
With BOOKS series
昨年のことですが、
学研ステイフルさんの With BOOKS という
シリーズに、絵を使っていただきました。

以前に描いた黒猫のキャラクターを、
読書に寄り添ったアイテムの中に
かわいらしく散りばめていただきました。






何も考えずに入った本屋さんでこんなワゴンに遭遇したので
動揺してしまい、咄嗟に
「しゃ、写真を!」と撮ったのですが、
どこに焦点をあわせていいのかよくわからず
こんな散漫な構図に。



そして
このたび新たなアイテムが。
なんと

ペンケースや


ポーチや


メモがたくさん書ける付箋や


マグネットのしおりなどが出来上がりました。


しおりを使うとこんな感じ



私の写真がセンスがなくて悲しい気持ちになりますが、
学研ステイフルさんのサイトで見ていただくと
素敵な写真で紹介されています!







| kumaneko2009 | 09:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
花のさく童話集
花のさく童話集(3)
「うめの花とてんとうむし」



花にまつわる童話をあつめたアンソロジーです。



著者:杉山政美、工藤直子、今西祐行、
   宮川ひろ、竹下文子、石井睦美、
   片山令子

挿絵:山福朱実、かとうまふみ、
   堀川理万子、こがしわかおり、
   こみねゆら、高橋和枝

ーーーーーーーーーーー
装画:安野光雅
編集協力:柴田こずえ
岩崎書店 2015年2月刊
定価:1800円+税

(敬称略)

片山令子さんの「たんぽぽのおくりもの」に
絵を添えさせていただきました。


| kumaneko2009 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「神さまがくれたひとすじの道」

いんやくりお君の著作「神さまがくれたひとすじの道」
1月に出来上がりました。

2年前に出た「自分をえらんで生まれてきたよ」
シリーズ第二弾です。
装画と、本文の挿絵を描きました。




本文にもたくさん絵を載せていただきました。






確定申告のことを考えて
毎日びくびくしています。
出来るかなあ。
そして、ああ面倒臭いなあ
嫌だなあと思うあまりに
だんだん腹がたってきました。
なぜこんなにも大変なのだ、と。






| kumaneko2009 | 00:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
火曜日のくま子さん


雑誌の婦人公論で
1ページの漫画の連載をさせていただく
ことになりました。
まさか自分が漫画の連載をすることになるとは
思ってもみませんでした。
しかも婦人公論は月2回発行される雑誌なので
どんどんどんどん描いていく必要があります。


2月24日号から始まりました。
「火曜日のくま子さん」というタイトルです。
婦人公論が火曜日発売なので。
今、3月10日号が店頭に並んでいると思いますが、
第2回の漫画が64ページに載っています。

婦人公論はたいへん濃い雑誌で、
その中に
毒にも薬にもならないような内容なんですが、
ちょっと箸休め的な、なんにも考えないでさらっと読める
ページになればいいなあと
思って描いているのですが、

印刷物として雑誌に載ると、
手元で描いているときより
客観的に原稿を見られるものですが、
そうして見てみると
思っていた以上に
思ってた少なくとも20倍は下手クソな漫画で、
いま私は、たいへんたいへん落ち込んでいます。

そもそも
パッと開いたときに、読みたくなる字面じゃ
ないんですよね…
もっと文字数を少なくするといいのかな…



というわけで、まだまだまだまだ
試行錯誤をしている最中なのですが、
頑張ってしばらく描かせていただく予定なので
よかったら読んでみてください!

↓第3回分のラフの一部。

| kumaneko2009 | 00:22 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

金子みすゞ詩集

くまのこのとしこし

もりのだるまさんかぞく

りすでんわ

ヒビノイロカレンダー

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode